洋服に染み付いた体臭の悩みや女性の加齢臭について

私は女性ですが、若い頃はそれほど気にならなかったのに、息子を出産して産後から体質が変わったのか夏場や室内で汗をかいた後の自分の体臭がかなり気になります。

人に指摘された訳でもないのですが、息子の幼稚園のお迎えなど、外で汗をかきながら他のお母さん方と話をしていても、近くに来られると自分の体臭が大丈夫なのかすごく気になります。

自分ではデオドラントスプレーなどで人並みにはケアしているつもりでも、一日着て家に帰り脱いだ洋服を何気に匂ってみると結構くさい…。私ってこんなに臭いのか…とショックを受けることもしばしば。

特にワキの汗ジミはシャツなどの黄ばみもできるし、臭いが蓄積される気がして家に帰るとすぐにでも洗濯したい衝動にかられます。体臭が気になるのは、夏場だけではありません。冬場も暖房で少し蒸すとそれだけで体臭が匂ってくる気がしたり、室内でコートを脱がなければいけない時の臭い、夜寝て朝起きたての枕の臭いが気になったり。

最近では、女性も加齢臭があるという話も聞きます。息子も赤ちゃんの時はミルクの良い香りだったのに、だんだん汗のにおいで酸っぱいと感じることもあるので家族それぞれの洋服に染み込んだ臭いも混ざり、洗濯カゴの中は大変な事に。

消臭スプレーや消臭効果のある柔軟剤など、洗濯を重ねることで防ぐことができるので汗をかいてもそれほど気にならなくなりました。自分の体臭に気を遣う事は、周りへのエチケットだと思うのです。

例えば、すごく綺麗にお化粧している人でも体臭に気を遣わないとお風呂に入っていないのでは?と不潔なイメージを持ってしまうのと同じように飾り気のない人でもごく自然に良いにおいがすると清潔でさわやかな人だと思ってもらえます。

体や髪の毛は毎日洗えば良いけど、衣類は繊維の奥深くまで臭いが染み付いてしまいます。家族の洋服も、消臭効果のある洗剤や柔軟剤できちんとケアしていくことで臭いが気にならず一日中良い気持ちで過ごせるようにするのがお母さんの務めだと思っています。

カテゴリー: 加齢臭 パーマリンク